組み合わせて使う

スイッチングハブと無線LANを組み合わせて使うと、家庭内のインターネットがはかどります。というのも基本的に有線でしか繋ぐことのできないテレビやゲーム機、古いパソコンなどはハブを使って、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどは無線LAN、とさまざまな機器に同時に繋ぐことができるようになります。スイッチングハブを使えば速度低下なども防ぐことができるでしょう。仕事にも、お子さんの調べ物や娯楽なども一挙に行えるのは非常にうれしいことだと思います。

無線LANはどう選ぶ

無線LANはルーターなどもかねていることが多いのでスイッチングハブとは少し選び方を考えなければいけません。
価格帯もさまざまですが、まず、部屋の機密性が高い一軒家では、1階建て以外、1台でまかなうのは難しいと思いましょう。逆にマンションやあまり部屋同士が離れていない木造建築などであれば、1台でも十分使うことができます。マンションになると、隣の部屋との混線もあるので注意が必要かもしれません。
また、どの程度の速度でインターネットをしたいかなどでも無線LANは違ってきますし、元々の回線速度や使いたい範囲でも買うべきものは変わります。何でもいいわけではないので、しっかり悩んで決めることが大切です。

無線LANでできること

無線LANの強みは無線であることから、スイッチングハブのような機器がなくても多数の機械が同時にインターネット回線につなげる事です。無線LANはアクセスポイントというものを作って無線LANに対応した機械につなげることができます。無線ルーターという名前の商品であれば、アクセスポイント、ルーター、ハブの役割を1台でこなすことができます。
元から、ルーターが家庭にあるという場合にはアクセスポイントのみの無線LANを使いますが、最近はアクセスプイント単独の機能しかないというものがあまりないので、ルーター機能を切って使うことをオススメします。
ルーターにハブがついている場合は、有線と無線を同時に使うこともできます。

ハブの選び方

スイッチングハブは接続できる機器の数を増やすものです。選び方としてはできる限り予定数より多い接続口のあるスイッチングハブを選びましょう。無線LANを使う場合はその限りではありません。
また、接続のつき方にはメーカーや商品によって少しかわってくるため、家の中のどこにどのようにして置くのかといったところをきっちり考えてから選ぶのがいいと思います。
大切なのは、ルーターや回線の速度にあったハブを選ぶことです。それ以外はハブの性能はメーカーでそんなに差はないといわれています。価格も1000円前後と安いので買っておいても損はないでしょう。
差異としては、駆動音が小さいなどの機能があるので、好きなものを選べばいいと思います。